2010年06月04日

宙に浮く郵政法案 廃案か それとも強行突破か(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の退陣表明により2日、国会審議がすべてストップした。16日の会期末を控え、首相指名選挙や新首相の所信表明演説などのため法案審議はきわめて窮屈になる。郵政改革法案などの重要法案は廃案の危機にあるが、与党は連立維持や選挙対策の観点から衆院に続いて強行突破する可能性を探っている。

 首相指名選挙などのため、土、日曜を除くと、法案審議に使える日数は残り5日もないとみられる。民主党の平田健二参院国対委員長は2日の記者会見で「時間的余裕がなくなったので(成立させる)法案を絞り込まなければならない」と述べた。

 郵政改革法案は、参院で審議にも入っていない段階にあり、成立が危ぶまれている。今国会で成立しないと、参院選の実施に伴って廃案となる。

 国民新党の亀井静香代表(郵政改革・金融相)は2日の同党の集会で同法案の成立を強く訴えた。審議を短時間で終えて採決を強行すれば成立は可能だが、世論の批判は避けられない。逆に、成立しなければ、国民新党を支持する郵政関係票が目減りしかねず、民主、国民新両党の連立に亀裂が入る。どちらをとるか、民主党は厳しい判断を迫られている。

 社民党が成立を求めていた労働者派遣法改正案は、衆院で審議中。与党内では採決しないまま衆院で継続審議にする声が出ている。

【関連記事】
「権力」掌握だけが目的だった水と油の「小鳩」関係
見直し連発の経済政策 大風呂敷の末に投げ出し
亀井氏「郵政改革法案は今国会で成立を」
原口総務相「総理を守れなかった。断腸の思いだ」
鳩山政権を振り返って、「未知との遭遇」だった8カ月
「はやぶさ」帰還へ

宝くじ発行停止を撤回 枝野行政刷新相と原口総務相が協議(産経新聞)
参院選民主予定者「逆風は覚悟している」(読売新聞)
【首相辞任】「7日に組閣する」 小沢幹事長(産経新聞)
<もんじゅ>クレーンから煙 環境に影響なし(毎日新聞)
<普天間移設>28日に3党首会談 日米声明に先立ち(毎日新聞)
posted by タナベ ケンジ at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。